人材の能力アップ

タレントマネジメントとはなにか

タッチ

タレントマネジメントは、組織などにおいてその組織を構成する人材をマネジメントすることであり、採用、選抜、適材適所への配置、リーダーとなる人材の育成や開発、また人材評価、報酬の設定、後継者の育成などあらゆる人材をマネジメントし、これによって組織を最適化して、人材の勤労意欲を高め、また効率化することにより高い人材活用を行うというものです。 タレントマネジメントのポイントとなるのは、人材の能力アップと同時に組織にとって重要な存在にさせるという点です。また単なる目標設定を行い作業をさせるだけでなく、その人材にあった仕事を与えることで、組織としての無駄をなくし、組織をより強くすることができるメリットがあります。

考え方を導入することで得られるメリット

タレントマネジメントという考え方を導入することは、組織が強くなり、また持続可能な経営を目指すことができるという点です。 これまでの経営では、適切な人材評価が行われず、人が不足したら追加するといった対処療法的なことが行われるのが一般的でした。また適切な人材が配置されないため、最大限の効果が発揮されないケースが多くその分が無駄となって反映されることになります。また適切な能力のない人が、そのような部署に配置されることで、勤労意欲の低下を招く結果にもなります。 タレントマネジメントでは、すでにある人材を育成し評価を行い、その能力に見合った配置を行うことで組織の目標と、人材の能力をマッチングさせより良い結果を目指す効果があります。

TOP